ナースではたらこ

求人案件は90000件にも及び、さらに対象地域は全国対応が可能となっています。

全ての都道府県を対象に、非公開求人を含む多くの案件を紹介することができるだけには留まらず、逆指名案件として、紹介可能な案件として抱えていない勤務先の場合でも、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が病院に求人状況を確認し、利用者に代わって採用までの打診を行ってくれます。
就職や転職が厳しい現在の経済状況にも関わらず、成功数は前年比の1.9倍を誇り、その実績は利用者からの顧客満足度に繋がっており、医療系人材紹介部門の第1位に輝いています。

看護roo

看護rooさんは、首都圏・関西・東海の求人に強い!!
1万件を超える看護師・保健師・助産師の求人情報を取り扱っています。

公開求人だけでなく、非公開求人も豊富ですよ!
ハローワークやナースバンク、ナースセンターにはない非公開求人が多数あります。

きっと、自分にあった求人を見つけることができますよ!!

「医薬品」と「医薬部外

「医薬品」「医薬部外品」という用語も、一般の人にはなじみにくいと思うが、こちらはその使
用を薬轟法により規制されている。
薬事法では、人間の体に使用するものを、①医薬品 ②医薬部外品 ③化粧品に分けている。

これほ、効果の高さのグレードを示すもので、「医薬品」は、治療が主たるもので、用法を間違えるとなんらかの副作用があって危険というもの。

「医薬部外品」は作用が比較的緩和で、ほとんど副作用の心配は無い。
また、医薬品は、医薬部外品に比べて厚生省の認可に時間を要し、販売も薬局だけしか許可さ
れないという規定がある。

薬事法による医薬部外品の条件を詳述すると、
①使用日的が、原則的に定められたもの
②人体に対する作用が、緩和なものであること
③帯具、機械でないこと

以上の条件を満たすことを前提として、育毛剤の他にも、口中清涼剤や、腋臭防止剤、コール
ド液、生理用品などに使用されている。

育毛剤に関する「効能範囲」のとりきめとしては、
(医薬部外品)
養毛、育毛、発毛促進、脱毛の予防、フケ、カユミなど。
(医薬品)
医薬部外品の効能に加えて、若年性脱毛症(若ハゲ)、円形脱毛症、びまん性脱毛症など。
また、「薬用」という表示は、化粧品と区別するために、慣例にしたがって使用されてきた名称に過ぎない。

ひとロに育毛剤といっても、メーカーによって「養毛剤」「育毛剤」「発毛促進剤」とさまざまな呼び方をしている。

いったい、どこがどう違うのか?

迷っている人も多いと思うが、規制する法律である薬事法では、「養毛」と「育毛」については明確な定義を設けていない。
ということは、確たる違いはないと考えていいだろう。

ただし一般的には、「養毛」とは「毛髪を保善し、脱毛を防止する」という意味あいが強く、「育毛」とは「毛髪の成長を促す」というよう意味合いが強い。

「発毛促進」という用語も、その使用を薬事法によって規制されているわけではない。

つまり、「養毛」と「育毛」は現存する毛髪に与える影響を表現し、「発毛促進」は、新しい毛
髪の誕生に影響を及ばすというニュアソスをもっているのである。
薬事絵は、主に安全性に基準が置かれていて、その商品の効能のワク内であれは、どのように
称してもいいが、全体の傾向としては「養毛」⇒「育毛」⇒「発毛促進」の順序で混入される成分が強化され、したがって値段も比較的高くなっているようである。

結論としては、「養毛」「育毛」「発毛促進」という用語は、ことさら意識する必要はない。

女性ホルモンと育毛剤や育毛

血行障害と並んで、若ハゲの大きな原困のひとつとされているのが男性ホルモン。
その男性ホルモンに、作用が相反する女性ホルモンを投与し、元凶を骨抜きにしてしまおうという育毛剤もある。

「男性ホルモン説」によると、男性ホルモンの一種であるテストステロソが、5αリダククーゼという酵素の仲介で、より作用の強いダイハイドロテストステロソ (DHT) に代謝され、それが毛の発育を抑制するということになっている。

ということほ、どうにかして、頭皮における、5αリダククーゼの活性を抑え込んでしまいさえすれは、若ハゲは防げるということになる。
5αリダククーゼなる苦ハゲの要因とどう闘うか。

最近ではこの5αリダククーゼ配合のシャンプーや育毛剤が数多く販売されている。
もし抜け毛がきになるなら、そういった商品を手に取ってみよう。

人工植毛にある驚<べき害

技術が未熟だった頃は、抜こうとした場合なかなか抜きとることができず、無理やり抜きとろうとしたために、一部が皮膚の中に取り残され、「頭皮が化膿してしまった」
「植毛した部位がはれて黒ずみ、みにくい跡が残ってしまった」
などという苦情が相次いだため、FDA(アメリカ食品医薬品局)が警告。

日本でも「人工植毛被害を考える会」が結成されて、社会問題化してしまったことがある。

その後、技術改良がはどこされ、現在使用されているのは、太さ約0・1mm程度のポリエステル
人工毛。これは、人工血管などに使用される樹脂と同質の物である。
これを長さ約10センチ程度の植毛針で、1本1本頭皮に植えて行くワケだが、人工毛1本200円を、平均すると2千本から3千本は殖えるとなると・・・・・高額になるわけだ。

植える場所は構えてもスーツと抜けてしまう毛穴を避ける。

毛穴をのぞく頭皮の中に、6〜7mmの深さで埋め込んで行くワケだが、頭皮に差し込まれる
部分は、「α」型に工夫して作られている。
この形状だと、紡維組織がからみ合って、頭皮に定着するからである。

さらに、交差している部分は、電子融着によって、120グラム以上の力で引っばらないと抜けない仕組みになっている。これは、人間の普通の毛髪より強い固着力である。

しかし、人体は、異物が体内に入り込むと、それを異物として認識し拒絶して、排除しようとする異物反応、専門的にいうとエルミネーション現象を持っている。

だから、何年かのちにほ押し出され排せつされる宿命にある。
そのたびに、また植えてやらなければならない。
また、頭の表皮部の細胞が人工毛を取り囲み、表皮の内側にある真皮内に入り込もうとするた
め、生えぎわが凹んでくるのも難点。

育毛剤をより効果的に使用するために2

パーマ、アイパー、ドライヤーをなるべく使わない

パーマやアイパーは、毛髪をかなり強く引っばるので、毛根部が一時的に血行障害をおこし、
たび重なると脱毛につながる危険性がある。

ヘアドライヤーを使用する人も多いが、もともと頭髪というのは熟や乾燥に詣く、連続して強い熟を当てるとその組織が変化して、含まれているたん白質が変わる可能性が高い。

どうしても使用したいのなら、使う前にローショソなどで水分を補給し、毛が乾燥しないようにあらかじめ処置する。
また温度はなるべく低くして遠くに離して使い、風速を強くするのが安全である。
逆毛をたてながら熱風を当てて髪にダメージを与えることだけは、絶対にやってはいけない!

育毛剤をより効果的に使用するために1

ヘアリキッド、ヘアトニックとの併用をやめること

リキッドを使用すると、どうしても頭皮の表面を油でおおってしまうことになり、育毛剤の毛乳頭への浸透を防害するおそれがある。
トニックの主成分ほアルコールである。

臨床例や実験結果が豊富にあるワケではないので断言することはできないが「拝発性の高濃度アルコールのトニック使用ほ毛髪のケラチンにいい影響を与えるとはどうしても思えない」というのが、率直な印象である。

「若ハゲの前兆としてのフケ」

いくらシャンプーが完全でも、次から次に出てくる。 「なぜフケが出てくるのか」それは、次のような原因が想定される。
  1. 性ホルモンのアンバランス
  2. ストレス、睡眠不足
  3. 貧血、胃腸病
  4. 酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ
  5. 食事のアンバランス
  6. 体質的なもの(アトピー体質など)
こういった原因が、表皮層の新陳代謝をアブノーマルなものにし、フケを増産しているのであ る。 そして、お気づきのように、以上の原因は若ハゲの起爆剤となるものばかりである。 たとえば前述の性ホルモンのアンバランス。 具体的には男性ホルモンの過剰作用である。 男性ホルモンというのはもともと、発育を促す性質を持っているのだが、これが、頭の皮膚の新陳代謝に対し、必要以上に活発になるべくはたらきかけ、フケを増殖させるのだ。

フケとシャンプー、抜け毛の関係

「シャンプーをするとフケが出るから、あまりシャンプーをしない方がいい」

と信じ込んでる人がいるとしたら、その人はたいへんな思い違いをしていることになる。
若ハゲの兆候として〝かゆみを伴った大量のフケが出る″という傾向はたしかに見受けられる

が、だからといって、「シャンプー」1「フケ」1「薯ハゲ」という連想をされたのでは、シャンプーには迷惑な話である。
ちょっとでもフケの知識のある人なら「そんなバカな......」と、一笑に付すような連想法だが、そのような思い違いをしている人がいるのは事実なのだ。

フケというのは、頭皮の表面層が死んで、角質化したもの(角質細胞)が剥たアカである。

その表面層は、健康な人の場合で、約4週間のサイクルで生死をくり返す。
それが、新陳代謝というものである。

だから、フケが出るというのは、頭皮表面の新陳代謝がノーマルにくり返されていることの証
明ともいえる。
たしかに、洋服の肩などに点在しているさまを見受けると、あまり気持ちのいいものではない
が、フケを、あまり毛嫌いすることもなかろう。

さて、シャソプーの役割だが、シャンプーの受けもつ重要な使命のひとつに、そのフケを頭皮
から洗い流すことがあげられよう。
フケを流して頭皮を清潔にしてくれるのである。

何日間も洗わなければ、それだけ多くのフケを洗い落とすことになる。
ということは、「シャンプーをするとフケが出る」ではなく、「シャンプーを励行するとフケが
洗い流されて目立たなくなる」 のが事実。つまり、最初の言い分を訂正すれば、「シャンプーをすると、自然に出たフケを洗い落としてくれるから、シャソプーはなるべく励行したはうがいい」
ということになる。

しかし・・・・中にはシャンプーもしているのに「フケ」で悩む人は多い。
毎日シャンプーはしているのに、フケが目立って仕方ない人もしる。
これはおかしい。不自然である。

しかしその不自然さにはワケがある

シャンプーをきれいに洗い流していない
これは原因がハッキリしている。せっかくフケをとってくれるシャンプー剤をきちんと洗い流
していないのだから、翌朝、自然に落ちてくるフケに、頭皮に残ったフケが混じって落ちてくる
だけの話。
洗髪を完全にすれば解決することである。

シャンプー剤が合わない
刺激の強い、石油基剤のシャンプー(ABS、LAS、ASなどの界面活性剤が入っている)
のなかでも安価な粗悪品を長い間使っていると、頭皮の表皮層がかぶれをおこして、その寿命を
締めてしまい、大量のフケの発生につながるというケースがある。

その対策としては、植物性オイルが主成分のシャンプ一に切りかえることである。
さらにPH(酸度を表わす基準。1〜14に分かれ、7・0が中性)が人体に近い弱酸性(5・0〜6・5)
のシャンプーが望ましい。